岩橋玄樹が便乗ツイッター開設で何がしたい・嫌い・黙れと炎上!

岩橋玄樹が便乗ツイッター開設で何がしたい・嫌い・黙れと炎上!脱退理由 現在
  • URLをコピーしました!

元キンプリの岩橋玄樹さんを取り上げます。

岩橋さんのキンプリやファン(ティアラ)に対するメッセージをインスタへの投稿、

そして11月11日にタッキー氏に便乗してTwitterを開設したとして

一部のファンから「なんなの?」「嫌い」「黙れ」と炎上しているようです。

目次

岩橋玄樹が何がしたい・嫌い・黙れと炎上!

 King&Prince(以下、キンプリ)の元メンバー・岩橋玄樹の公式ツイッターが始動した。11月11日から少しずつ投稿を行い、12日に改めて「Hello!! 岩橋玄樹です Twitter始めました」と、あいさつ。本人の公式サイトでも「岩橋玄樹公式Twitterアカウントがオープン!」と告知され、ファンを喜ばせている。

引用元:週刊女性

と週刊女性の記事にはありますが、ネット上ではかなり厳しい声が飛んでいるようです。

岩橋玄樹が7日インスタ投稿(キンプリやファンへのメッセージ)

「紫耀、岸くん、そして神宮寺が決断した事はとても勇気と覚悟がないとできない事です」
「人生の大切な決断をした3人を、心の底から誇りに思います」

「廉、海人も3人の意見を尊重してくれた事、そしてKing&Princeの名前を残してくれた事に対しても本当に誇りに思います」

引用元:岩橋玄樹さんのインスタより

『どうか2023年5月22日まで5人のKing&Princeを、たくさんたくさん応援してあげてください。そして残りの時間、5人のキンプリとTiaraのみなさんで一生忘れられない良い想い出を作り上げてください』

引用元:岩橋玄樹さんのインスタより

特に悪意のない、キンプリやファンを応援するようなメッセージに感じますが、

これに対しファンから凄まじいコメントがきています。

なんで口出ししたんでしょうか。
黙って見守った方がよっぽどいいと思います。
幸せや笑顔を貰ってきたんだから、与えろって、こちらは彼らから幸せを貰う代わりにお金を払っています。彼らを擁護しようとして空回りし、ファンを傷つける言葉を出すのはやめてください。
あと退所してからは1年半かもしれませんが、5人だけでの活動をしてきたのはもっと長いです。あなたの居場所を残し続けたけど、結果として病気が原因で辞めた。それは仕方ないし、尊重すべきだと思っていました。
なのに退所してすぐあっさりファンクラブやインスタの開設をして疑問が残りました。
挙句、キンプリとの匂わせをしまくって、言葉にも出して、自分と同様に退所を決めた3人をウッキウキで待ってる感じのお気持ち表明を投稿として出して、よりファンの傷抉ってますよ。
残る2人のことはついでのような発言の仕方。せめてもう少し投稿するなら慎重に、文章を校正した上で出すべきでは無いですか。

引用元:岩橋玄樹インスタより

自分のためにもキンプリのためにも、この投稿については見直した方がいいと思います。

引用元:岩橋玄樹インスタより

なかなか厳しいコメントです。

Twitter開設【11月11日】

最近は滝沢氏のツイッターが話題になっていましたよね。今月7日に突如開設し、かつてKAT-TUNのメンバーだった赤西仁さん、NEWSのメンバーだった山下智久さん、関ジャニ∞のメンバーだった錦戸亮さんという元ジャニーズ勢が反応し、一気に注目を集めた滝沢氏のアカウント。初めはツイートしないままプロフィール欄を“鬼更新”していたことが、一般ユーザーの間でもウケていました。  

一方、11日からツイッターを始めた岩橋さんは、この日は午後に4件だけ投稿。12日は午前中に1件、午後に15件ツイートして、途中で『岩橋玄樹ツイ廃って言われたんだけど、なにそれーーー? なんかカッコいい響き』と、早くも“ツイ廃”気分を楽しんでいました」(テレビ局関係者)

引用元:週刊女性

タッキー氏が話題になっているときに、岩橋さんもTwitterを始めたため、

ここでも厳しい声が。

「なんで今ツイッター? キンプリの話題に便乗?」
「キンプリ騒動でティアラ(キンプリのファンの愛称)はそんなテンションじゃないのに」
「ここぞとばかりに出しゃばる感じが嫌だ」
「売名レベルのタイミング」など、
キンプリがゴタゴタしている中で動きを活発化させている岩橋に、反感を抱くキンプリファンが散見される。

「なお、岩橋くんのファンからも
『もう少し慎重になってほしかった』
『彼の暴走を止められるスタッフがいないのが怖い』
『Fairy(岩橋くんのファンの愛称)が喜ぶと思ってやってくれたんだろうけど、今じゃないんだわって感じで気持ちがついていけてない』

引用元:週刊女性

端から観ている感じでは、そこまで深い意味はないのでしょうけど、

ファンはなかなかきびしいですね。

ネットの反応

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次