キンプリ平野紫耀含む3メンバー脱退の理由はなぜ?今後の活動は?

キンプリ 平野紫耀 3メンバー脱退 本当の理由 なぜ?今後の活動は?
  • URLをコピーしました!

キンプリことKing&Princeの岸優太さん、平野紫耀さん、神宮寺勇太さんの3メンバーが2023年5月22日をもってグループを脱退することが発表され激震が走っています。

平野紫耀さんを含む3メンバーは脱退および事務所を退所するとのことです。

キンプリ3メンバーはなぜ脱退・退所することになったのでしょうか?

また、彼らの今後の活動はどうなっていくのでしょうか。

目次

キンプリ平野紫耀含む3メンバー脱退発表

King&Princeの岸優太(27)、平野紫耀(25)、神宮寺勇太(25)の3人が2023年5月22日をもってグループを脱退することが4日、所属するジャニーズ事務所が発表した。平野と神宮寺は脱退と同時に事務所を退所し、岸は同年秋に退所する。同グループは今後、永瀬廉(23)、高橋海人(23)の2人で活動していく。

引用元:スポニチ

公式サイトでは5人の連名による「King&Princeより大切なファンの皆さまへご報告」と、事務所からの「弊社所属アーティスト『King&Prince』に関するご報告」が同時に掲載されました。

King&Princeから大切なファンの皆さまへご報告があります。

この度、僕たちKing&Princeは5人での活動を終了するという、苦渋の決断をさせて頂きました。

ファンの皆さまや関係者の皆さまには、突然のご報告となり、誠に申し訳ございません。

皆さまが応援してくださることにより、King&Princeは活動できています。そのことは片時も忘れたことはなく、心から感謝しています。

2018年5月23日のCDデビューを機に、King&Princeのメンバーとして活動を始めました。良いこともあれば、苦しいこともありましたが、どんなときもファンの皆さまの笑顔と応援のおかげで、メンバー同士で支え合いながら走り続けることが出来ました。

昨年より、今後の活動について、より具体的に話し合う時間が増えました。グループの活動のことから個人の人生について、時間をかけて本音で話し合った結果、大切にしていることは同じでも、海外での活動をはじめとして、それぞれの目指したい方向が異なることもわかりました。

その後、さらに話し合いを重ね、全員が「お互いの人生を尊重しよう。」という考えで一致し、同時にファンの皆さまには純粋にコンサートを楽しんで頂きたく、ライブツアーが終了してから、皆さまにお伝えすることになりました。

突然のご報告となり、ファンの皆さま、ごめんなさい。

2023年5月22日をもちまして、岸優太、平野紫耀、神宮寺勇太の3人はKing&Princeを脱退し、5月23日よりKing&Princeは永瀬廉と髙橋海人の2人で活動をさせて頂きます。

これからのKing&Princeそしてそれぞれの道を歩む岸、平野、神宮寺をどうぞよろしくお願いいたします。

2022年11月4日
岸優太
平野紫耀
神宮寺勇太
永瀬廉
高橋海人

「お互いの人生を尊重しよう」というのはわかるのですが、

なぜ、3メンバーだけ脱退・退所ということなのでしょうか。

キンプリ平野紫耀含む3メンバー脱退の理由はなぜ?

海外進出ができないから?

デビュー当時から海外で活躍できるグループを目指してきたKing&Prince。

スポニチの記事には、キンプリメンバー5人のそれぞれの気持ちが綴られています。

岸優太

岸は「だんだんと夢と目標に自分の実力の差とギャップを感じるようになっていきました」と限界を感じていた。さらに、メンバーとの目標の違いが生まれたことにより「自分の夢を自分で否定する自分にがっかりして落ち込んだりする、そんな日々が続いた」と葛藤に悩んでいたことも明かした。

平野紫耀

平野も「改めて自分の年齢と向き合ったときに、グループのそれぞれの活動方針を踏まえた上で全力で取り組んだとしても、もう遅いなと感じてしまい目標を失い、今回の決断に至りました」と、海外進出の夢を果たせないことが理由の一つとした。

神宮寺勇太

平野とともに脱退と同時に事務所も退所する神宮寺は「自分勝手な考えではあるのですが」と前置きした上で「メンバーがこの先一人でも退所するという話が出たときに、自分も退所させていただくということを本当に勝手ながら自分の中でそう決めていました」と、胸の内を明かした。

永瀬廉

永瀬は「アイドルとして活動できているという状況にすごい幸せを感じていた」と現状に不満はなかった。だが、昨年からメンバーで海外挑戦や今後の活動について話し合っていく中で、考え方に違いが生まれていることを感じた。それでも「今やらせていただいているお仕事、共演者の皆様、関係者の皆様、そして何よりファンの皆様を僕はこれからもずっと大切にしたい」という思いが強く、グループに残って活動していく覚悟を語った。

高橋海人

永瀬とともにグループに残る高橋は「この先もずっとこの5人で頑張っていくと思っていたので、正直寂しいですし、つらいです」と率直な思いを吐露。また「何より応援してくださったファンの皆様に申し訳ないなと強く思っています」と謝罪の気持ちを伝えた。

この一人一人のコメントを読むとなんとなく、うまくいかなくなっていたことがひしひしと感じます。

平野紫耀さんのコメントが一番、強く響いてきました。

解禁されないストリーミング


ジャニーズは、嵐など一部のグループを除けばストリーミング対応をさほどしていないKing & Princeも例外ではなく、一曲も配信されていない。他国に比べて日本はストリーミングの浸透が極端に遅れているが、それを引き起こしてきた主要因は間違いなくこうした姿勢を堅持するジャニーズだ。

ストリーミングを解禁しないこととはつまり、海外展開の扉を閉ざすことも意味する。この新しい音楽視聴の方式は、定額料金で簡便に世界中の音楽を聴けることを可能とした。これによって音楽は急激にグローバル化し、低迷していた産業も(日本以外は)右肩上がりの復活を続けている。そして、こうした波に乗ってグローバルで大きな成果をあげているのがK-POPなのもよく知られているところだ。

では、なぜジャニーズはストリーミング対応をしないのか?

ジャニーズがストリーミングを解禁しないのは、従来のビジネスモデルを支えるCD売上の減少を怖れているからだと思われる。CDだけでは音楽的な広がりがなく、チャートでランキング上位に入りにくくなっても、既存の熱心なファンを囲い込んで高い単価を維持すればいい──ジャニーズはその選択をいまも続けている。

キンプリは全編英語歌詞の曲を発表してきたこともあるそうですが、YouTubeのMVもなく、ストリーミングは行われず、

CD販売のみだったようです。

これでは、世界の人たちに聞いても機会すらないですよね。ガラパゴス

今後もこれが変わることがないと3人のメンバーは悟ったのではないでしょうか。

ジュリーとの関係と事務所への不信

週刊文春の記事にはこうあります(キンプリと同期のJr.談)。

「ジャニーさんが亡くなっても、メンバーの思いとしては『ジャニーさんが生みの親で、育ての親』そもそもキンプリ結成は、なかなかデビューできない状態に悩んだメンバーらがジャニーさんに直談判をして叶ったんです。だから彼らからすると、ジャニーズ事務所は『自分たちを認めてくれなかった組織』なんですよね。

でもデビューしたらジャニーズ事務所は『世界のキンプリにする』と言い始めた。平野や岸あたりは現金だなと思ったんじゃないかな。楽屋でジュリーさんのことを罵ることもありましたから……」

「ちょうど1年前くらいですかね、ジュリーさんとキンプリの溝がさらに深くなってきたんです。平野も岸も、ジャニーさんの遺志でもある海外公演の実現に拘っていましたが、個人スケジュールがパンパンでその日程が取れる状態ではなく、強い不満を抱えていました。事務所スタッフからも、平野が愚痴ってという話はよく聞いていました。

ジュリーさんとの方針の違いもあったものと推察できます。

ジャニーさんとの夢、海外進出を追うことができなくなったメンバーが、

苦渋の決断をしたということなのでしょうか。

キンプリメンバーの今後の活動は?

平野と神宮寺は脱退と同時に退所し、岸は主演映画「Gメン」の公開を来夏に控えているため、脱退後しばらくソロ活動を行い、秋をもって退所する。

永瀬と髙橋は、3人の決断を尊重しつつ、2人でグループの看板を守ることを決意。5人は最後に「これからのKing&Princeそしてそれぞれの道を歩む岸、平野、神宮寺をどうぞよろしくお願いいたします」と結んだ。

引用元:中日スポーツ

脱退・退所する3メンバーの今後については、詳しい情報は確認できませんでした。

続報あり次第、追記いたします。

ネットの反響

かなり皆さん衝撃を受けている様子です。

まとめ

キンプリ3メンバーはなぜ脱退・退所することになったのかについてまとめてきました。

海外での活動をはじめとして、それぞれの目指したい方向が異なることもわかり

全員が「お互いの人生を尊重しよう。」という考えで苦渋の決断となったことがわかりました。

また、育ての親であるジャニーさんとの夢だった海外進出が、ジュリーさんやジャニーズ事務所の方針と違い、将来的に叶えることは不可能(無理)と悟ったということなのかなとも想像してしまします。

これは、タッキーも同じ感じなのかなと勘繰ってしまいます。

キンプリ3メンバーの退所後の活動については、まだはっきりとはわかりませんが、

それぞれがもっともっと活躍できる道に進めることを陰ながら応援しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次