キンプリ3人脱退の本当の理由は海外進出無理とジュリーとの関係?

キンプリ3人脱退の本当の理由は海外進出無理とジュリーとの関係?
  • URLをコピーしました!

ジャニーズの人気グループであるキンプリの3人のメンバーが脱退が大きな話題となっています。

脱退する3人とは岸優太さん、平野紫耀さん、神宮寺勇太さんの3人です。

5人で活動するのは2023年5月22日までで、その後は永瀬兼さんと高橋海人さんの2人で活動する予定だということです。

キンプリ3人の脱退理由とは本当は何なのでしょうか?

目次

キンプリ3人の脱退 本当の理由とは?

現在のジャニーズでは海外進出無理

キンプリのファンクラブサイトの動画を見て、特に気になったのが『海外進出』という言葉。

また、以下Yahoo!ニュースの記事を引用します。

岸優太のコメント

「ドラマや舞台、バラエティーなどに出させていただきながら、海外で通用するスキルを身につけることを同時にやる器用さが自分には無く、だんだんと夢と目標に、自分の実力にギャップを感じるようになっていきました。そして、海外で活躍できるグループになるためには、今のままでは到底無理だとも感じるようになってきました(略)活動を終了した後は、まだ具体的には決まっていないですが、海外に関わる仕事もしてみたいですし、いろいろな挑戦をしてみたいです」

かなり言葉を選んでいるが、ジャニーズ(「今のまま」)では海外での活動を目指すことはできないと述べている。そして今後にも含みを持たせている。

平野紫耀のコメント

「“海外で活躍できるグループになること”を目指して頑張ってきましたが、メンバーそれぞれが年を重ねて、それぞれが経験を積んで、活動方針に違いが出てきました。また、改めて自分の年齢と向き合ったときに、海外で活躍できるグループを目指すというのは、そこにグループのそれぞれの活動方針を踏まえた上で、全力で取り組んだとしてももう遅いなと感じてしまい、目標を失い、今回の決断に至りました

これは一見、平野自身が「年齢的に海外での活躍は難しい」と話しているように見えるが、それは「King & Princeだと海外での活躍は難しい」と受け止められる。言い換えれば、活動方針が同じメンバーのグループであれば海外で活躍することもできる」ということだ。

「僕はKing & Princeとして海外に進出することが、僕自身とジャニーさんと、そして応援して下さっているファンの皆さまの、大切な夢の一つでありました。その夢を追い続けるために、活動をしていきましたが、活動していく中で、海外進出のことだけではなく、活動方針の考えが変わっていきました

これも海外の活動も含めて、メンバー同士で意見の相違が生じたということを意味している。状況的に考えれば、ふたりでKing & Princeの活動を続ける永瀬廉と髙橋海人には海外志向が乏しいということになる。

なぜ、ジャニーズほどの大手芸能事務所でも海外進出ができないのでしょうか?

メンバーが将来を失望するほど、海外進出が無理な理由は何なのでしょうか?

解禁されないストリーミング


ジャニーズは、嵐など一部のグループを除けばストリーミング対応をさほどしていないKing & Princeも例外ではなく、一曲も配信されていない。他国に比べて日本はストリーミングの浸透が極端に遅れているが、それを引き起こしてきた主要因は間違いなくこうした姿勢を堅持するジャニーズだ。

ストリーミングを解禁しないこととはつまり、海外展開の扉を閉ざすことも意味する。この新しい音楽視聴の方式は、定額料金で簡便に世界中の音楽を聴けることを可能とした。これによって音楽は急激にグローバル化し、低迷していた産業も(日本以外は)右肩上がりの復活を続けている。そして、こうした波に乗ってグローバルで大きな成果をあげているのがK-POPなのもよく知られているところだ。

では、なぜジャニーズはストリーミング対応をしないのか?

ジャニーズがストリーミングを解禁しないのは、従来のビジネスモデルを支えるCD売上の減少を怖れているからだと思われる。CDだけでは音楽的な広がりがなく、チャートでランキング上位に入りにくくなっても、既存の熱心なファンを囲い込んで高い単価を維持すればいい──ジャニーズはその選択をいまも続けている。

キンプリは全編英語歌詞の曲を発表してきたこともあるそうですが、YouTubeのMVもなく、ストリーミングは行われず、

CD販売のみだったようです。

これでは、世界の人たちに聞いても機会すらないですよね。ガラパゴス

今後もこれが変わることがないと3人のメンバーは悟ったのではないでしょうか。

ジュリーとの関係と事務所への不信

週刊文春の記事にはこうあります(キンプリと同期のJr.談)。

「ジャニーさんが亡くなっても、メンバーの思いとしては『ジャニーさんが生みの親で、育ての親』そもそもキンプリ結成は、なかなかデビューできない状態に悩んだメンバーらがジャニーさんに直談判をして叶ったんです。だから彼らからすると、ジャニーズ事務所は『自分たちを認めてくれなかった組織』なんですよね。

でもデビューしたらジャニーズ事務所は『世界のキンプリにする』と言い始めた。平野や岸あたりは現金だなと思ったんじゃないかな。楽屋でジュリーさんのことを罵ることもありましたから……」

「ちょうど1年前くらいですかね、ジュリーさんとキンプリの溝がさらに深くなってきたんです。平野も岸も、ジャニーさんの遺志でもある海外公演の実現に拘っていましたが、個人スケジュールがパンパンでその日程が取れる状態ではなく、強い不満を抱えていました。事務所スタッフからも、平野が愚痴ってという話はよく聞いていました。

ジュリーさんとの方針の違いもあったものと推察できます。

ジャニーさんとの夢、海外進出を追うことができなくなったメンバーが、

苦渋の決断をしたということなのでしょうか。

まとめ

キンプリ3人脱退の本当の理由について調べてきました。

やはり、3人が脱退を決意した本当の理由は、

育ての親であるジャニーさんとの夢だった海外進出が、

ジュリーさんやジャニーズ事務所の方針と違い、将来的に叶えることは不可能(無理)と悟った

ということなのかなと想像します。

これは、タッキーも同じ感じなのかなと勘繰ってしまいます。

追加情報あり次第、追記していきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次