市原創吾のwiki顔画像や経歴・インスタやSNS【動画】|AViC起業

市原創吾のwiki顔画像や経歴・インスタやSNS|AViC起業のきっかけ イケメン社長 馴れ初め
  • URLをコピーしました!

中条あやみさんが結婚することになりました。

お相手は市原創吾(いちはら そうご)さんというベンチャー企業のイケメン社長さんだそうです。

一体どんな人物なのでしょうか。

目次

市原創吾wiki顔画像や経歴

wikiプロフ・経歴
  • 名前:市原 創吾(いちはら そうご)
  • 生年月日:1986年11月10日
  • 年齢:36歳
  • 出身地:岩手県花巻市
  • 出身高校:岩手県立花巻北高校
  • 出身大学:青山学院大学理工学部
  • 資産総額:34億円


    【経歴】
  • 2009年に株式会社サイバーエージェントへ入社
  • 広告部門のマネージャー職を経て、2015年に局長就任
  • 2018年4月に株式会社AViC(エービック)を立ち上げ、代表取締役社長に就任

市原創吾のインスタやSNS

インスタのアカウントを調査しましたが、ご本人のものと確認できるものは見つかりませんでした。

Twitterも調査しましたが、過去に「市原創吾 @avic_ichihara」のアカウントで登録していたようですが、現在はアカウントを閉鎖しているようでした。

Facebookのアカウントは「市原創吾」さんで検索できました。

確認取れ次第、追記いたします。

AViC起業のきっかけ

30歳になったタイミングで、次の10年を見据えたときに、指数関数的な成長を遂げるためにはどうすればいいのか。その自問自答の末に決断したのが、起業でした。

20代を過ごした前職では、人生を賭けて仕事に向き合い、数百億円規模の事業をまかされ、多くの成果も残すことができました。しかし一方で、これからの10年も同じように成長を続けるにはどうすれば良いのだろうかとある種の危機感もありました。

仕事を通じてお会いする優れた経営者の方々が発する言葉の重みや迫力、その背景にある「インプットの総量」「挑戦の数」といったものが、自分とはレベルが違うことに、日々強烈な衝撃を受けてきました。

人生飽くなき成長だと思っていて、30代の指数関数的成長をすべく、起業、経営者として挑戦をしたいと思いました。

引用元:https://sg.wantedly.com/companies/avic/post_articles/201357

「指数関数的な成長」とはすごい向上心の強い方なんですね。

【市原創吾の動画】AViCとはどんな会社?

何をやっている会社なのか?

AViCは、サイバーエージェントやリクルート出身の代表・役員陣のもとに集ったデジタルマーケティング企業です。

各種インターネット広告やSEOといった領域で、クライアントに対しコンサルティングや運用のサービスを提供しています。

我々が進めているのは、マーケティングにおける企業のデジタル・デバイド(格差)をなくすことです。

マーケティングにおいてもデジタルシフトがますます進むなかで、潤沢な予算を有さない企業が受けられるデジタルマーケティングサービスは決して高い品質であるとは言えません。予算を多く有する企業と比較するとマーケティングの成果に大きな格差が発生しているのが現状であると考えています。企業がどんなに良い製品・サービスを提供していても、期待通りのマーケティングを行えず、世の中から姿を消してしまう事例が少なくありません。

我々は、良質なデジタルマーケティングサービスを受けられていない企業に対して、質の高いサービスを提供することにこだわります。国内トップクラスの環境で研鑽・蓄積してきた最高峰のデジタルマーケティング技術を駆使し、お客さまのマーケティング成果に真摯に向き合います。

引用元:https://www.massnavi.com/company/20015070.html

これまでの実績は?

設立わずかで、超大手ナショナルクライアントから、有名グローバルブランド、東証一部上場企業までのマーケティング支援を手がけるまでに成長しました。「ベストベンチャー100」「Mizuho Innovation Award」などさまざまなメディア・アワードで取り上げられ、有望イノベーション企業として評価をいただきベンチャーキャピタル(高い成長率が見込まれる未上場企業に投資する組織)より3.3億円の資金調達も受けています。設立4年目にして、2022年6月30日付で東京証券取引所グロース市場に上場いたしました

引用元:https://www.massnavi.com/company/20015070.html

世間の声


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次