【広島】皆既月食と天王星食(2022年)方角と時間や天気は?

【福岡】皆既月食と天王星食(2022年)方角と時間や天気は?
  • URLをコピーしました!

2022年11月8日(火)に皆既月食と天王星食が同時に観測できるチャンスがくると話題になっています。

国立天文台によると、日本でこの二つが同時に起こることは4000年に一度の機会だそうです。

今回は地域を【広島】にしぼって、時間と方角や天気ついてサクッとまとめました。

最後に、広島市から車で月が綺麗に見えるおすすめスポット5選も紹介します。

目次

【広島】方角はどっち?皆既月食と天王星食(2022年11月8日)

11月8日(火)夜、日本全国で「皆既月食」が起こります。

皆既月食は、月が地球の影に完全に隠されて、赤黒く変色した満月が見られる天体現象です。

皆既月食が起こる方角は、から
南東の空となります。

西のエリアほど月が昇るのは遅く、西日本では部分食の開始時は月の高度はまだ低めです。

部分食のはじめから観測する場合は、空の開けた場所からお楽しみください。

【広島】時間は何時から何時まで?皆既月食と天王星食(2022年11月8日)

【名古屋】皆既月食と天王星食(2022年)方角と時間や天気は?

今回は月が地球の影の中心近くを通るため、皆既食の時間は比較的長くなる見込みです。

部分月食開始時間も踏まえると、

18時08分~20時42分

が月食を楽しむピークの時間となると思います。

皆既食の始まりから終わりまで、約86分間に渡って皆既食を見ることができます。

皆既食が終わり、満月に戻るのは21時49分ということになります。

西のエリアほど月が昇るのは遅く、西日本では部分食の開始時は月の高度はまだ低めです。部分食のはじめから観測する場合は、空の開けた場所からお楽しみください。

次回、日本で皆既月食が見られるのは2025年9月8日で、約3年後となります。

引用元:ウェザーニュース

【広島】天気は?皆既月食と天王星食(2022年11月8日)

気になるのが8日(火)夜の天気です。

11月3日現在の予報では、

広島は晴れです。

【広島】皆既月食と天王星食(2022年)方角と時間や天気は?

当日の夜は快晴ですので、皆既月食を思う存分楽しめそうです。

【広島】天王星食の時間は何時から何時まで?

月食の最中に、月が天王星を隠す「天王星食」が起こります。小笠原諸島を除く日本の多くのエリアで見ることができる見込みです。

なお、天皇食の起こる時刻は地域によって異なります。

【広島】の場合ですと、

天王星が月に潜入開始するのが
20時27分
月から出現開始するのが
21時19分となります。

約51分ほど天王星は月に隠れるということになります。

天王星食の現象は珍しいものではありませんが、月食の最中に起こることはめったにありません。アストロアーツによると、次回は2106年の部分月食で、皆既月食となると2235年までないとのことです(全惑星食が対象)。

天王星は約6等級で、薄い青色に見えます。

肉眼で見るには厳しい明るさのため、
双眼鏡や望遠鏡を使う必要があります。

皆既月食と天王星食って何?わかりやすく!

「ad]

広島市から車で月が綺麗に見えるおすすめスポット5選

広島市から車で1時間で行ける月が綺麗に見えるおすすめスポットを紹介していきます。

史跡三ッ城古墳

山陽自動車道西条ICから車で約15分の場所にある「史跡三ッ城古墳」は、穴場の星空スポット。

1800体もの埴輪で飾り付けされている古墳は一軒の価値ありです。

近くには公園や水遊びを楽しめる場所もあるので、明るいうちから子供と遊んで、暗くなったら皆既月食を見て

帰ることができます。

灰ヶ峰

広島市ないからクレアラインを通り、呉ICから約30分で到着できる「灰ヶ峰」。

夜景100選にも選ばれており夜景で有名な灰ヶ峰ですが、実は星も望むことができる知る人ぞ知る穴場スポットです。

皆既月食が観測できるときには多くの人が訪れています。

これは、ぜひ行ってみたいです。

野呂山 星降る展望台

呉市川尻町の野呂山にある「星降る展望台」は、その名の通り星空が楽しめるスポットです。

街中では肉眼でとらえられない明るさのものまで見えるので、星がこちらへ迫ってくるような感覚が味わえます。

これなら、双眼鏡がなくても天王星食が見れれるかも?

駐車場から展望台までの道のりが暗いため、懐中電灯を持参することをおすすめします。

もみのき森林公園

廿日市吉和にある、「もみのき森林公園」も星空を望むことができます。

公園は17時で閉園するため、星をじっくりと見るにはキャップでの利用がおすすめです。

標高750〜1000メートルに位置するため天体観測にとても適しています。

皆既月食と天王星食もきれいに見えること間違いなしですね。

呉市 かまがり天体観測館

国内最大級の大きさのマクストフ望遠鏡がある、「呉市かまがり天体観測館」は、星を満喫するのに最適な星空スポットです。

上蒲刈島にあるため広島市内から遠く感じますが、スムーズに行けば車で1時間半もかからず到着することができます。

まとめ

今生きている人はもう、二度と見ることのない珍しい皆既月食と天王星食の同時出現!

2022年11月8日は、ぜひ見晴らしの良い場所で、双眼鏡片手に楽しんでいただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次