【仙台】皆既月食と天王星食(2022年)方角と時間や天気は?

仙台 皆既月食と天王星食 2022年 方角と時間や天気は
  • URLをコピーしました!

2022年11月8日(火)に皆既月食と天王星食が同時に観測できるチャンスがくると話題になっています。

国立天文台によると、日本でこの二つが同時に起こることは4000年に一度の機会だそうです。

今回は地域を【仙台】にしぼって、時間と方角や天気ついてサクッとまとめました。

目次

【仙台】方角はどっち?皆既月食と天王星食(2022年11月8日)

11月8日(火)夜、日本全国で「皆既月食」が起こります。

皆既月食は、月が地球の影に完全に隠されて、赤黒く変色した満月が見られる天体現象です。

皆既月食が起こる方角は、から南東の空となります。

西のエリアほど月が昇るのは遅く、西日本では部分食の開始時は月の高度はまだ低めです。

部分食のはじめから観測する場合は、空の開けた場所からお楽しみください。

【仙台】時間は何時から何時まで?皆既月食と天王星食(2022年11月8日)

【名古屋】皆既月食と天王星食(2022年)方角と時間や天気は?

今回は月が地球の影の中心近くを通るため、皆既食の時間は比較的長くなる見込みです。

部分月食開始時間も踏まえると、

18時08分~20時42分

が月食を楽しむピークの時間となると思います。

皆既食の始まりから終わりまで、約86分間に渡って皆既食を見ることができます。

皆既食が終わり、満月に戻るのは21時49分ということになります。

西のエリアほど月が昇るのは遅く、西日本では部分食の開始時は月の高度はまだ低めです。部分食のはじめから観測する場合は、空の開けた場所からお楽しみください。

次回、日本で皆既月食が見られるのは2025年9月8日で、約3年後となります。

引用元:ウェザーニュース

【仙台】天気は?皆既月食と天王星食(2022年11月8日)

気になるのが8日(火)夜の天気です。

11月3日現在の予報では、

仙台は晴れ晴時々曇です。

当日の夜には雲もなくなる予報ですので、皆既月食を思う存分楽しめそうです。

【仙台】天王星食の時間は何時から何時まで?

月食の最中に、月が天王星を隠す「天王星食」が起こります。小笠原諸島を除く日本の多くのエリアで見ることができる見込みです。

なお、天皇食の起こる時刻は地域によって異なります。

【仙台】の場合ですと、

天王星が月に潜入開始するのが20時44分、月から出現開始するのが21時31分となります。

約47分ほど天王星は月に隠れるということになります。

天王星食の現象は珍しいものではありませんが、月食の最中に起こることはめったにありません。アストロアーツによると、次回は2106年の部分月食で、皆既月食となると2235年までないとのことです(全惑星食が対象)。

天王星は約6等級で、薄い青色に見えます。

肉眼で見るには厳しい明るさのため、双眼鏡や望遠鏡を使う必要があります。

皆既月食と天王星食って何?わかりやすく!

「ad]

まとめ

今生きている人はもう、二度と見ることのない珍しい皆既月食と天王星食の同時出現!

2022年11月8日は、ぜひ見晴らしの良い場所で、双眼鏡片手に楽しんでいただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次